Life Log

新潟でWEB関連の仕事をしています。衣食住、仕事、遊び、新潟情報など、個人の話も交えてコツコツ書いています。

ロードバイクのお尻の痛さを徹底的に解消するサドル Infinity Seatの紹介

 

インフィニティシートの本サイト
こんにちは、クロモリーです。

ロードバイクに乗り始めて大抵一番最初にぶつかる壁がお尻の痛さ。
と、男性はあそこの痺れ、女性はあそこの痛さ、だったりしますよね。

痛みをなくすには、

慣れろ!
ポジションを合わせろ!
坐骨を寝かせろ!

なんて言われたりもしますが僕の経験上、
慣れもポジションも大事だけど根本的な解決にはならない。
って場合が多いです。

たとえパッド入りのパンツを履いたとしても、
多少やわらぐものの痛いものは痛い。

長時間なんてまず無理。
人によっては何しても痛いって場合もあります。

そうなったらもう、サドルでなんとかするしかないのです。

最近は穴あき系のサドルも多く販売されているのですが、
それでもなかなかしっくりくるものは難しく「サドル難民」
なんて言われてたりします。

そこで、

今回は医者が科学的根拠に基づいて作ったという、
坐骨結節に全く負担がかからないサドル「Infinity Seat」を
ご紹介します。

 
まずは動画をご覧ください。

スポンサーリンク

I love bike.
I don’t love bike seat.

フレームやタイヤは日々圧倒的な進化をしてるのに、
サドルだけはフレームやタイヤほど進化してない。
だから作ったのがこのサドルだ。

(適当な翻訳ですがニュアンスはたぶんこんな感じ・・・)

と、自転車好きのドクターでもあり、
製作者でもあるビンセント氏は言っています。

 
坐骨と恥骨の圧迫を徹底的になくす設計で、
今までなかったサドルが出来上がったとか。
恥骨が当たらないサドル

坐骨が当たらないサドル
 
赤・黄・緑の順に圧力の強さを現すモニター図です。
圧力の強さを現すモニター図

左側が一般的なサドルで右側が「Infinity Seat」。

左側のサドルは坐骨が当たる部分に
大きな圧力がかかっていることに対し、
「Infinity Seat」はほぼ負担がかかっていません。

単純に坐骨と恥骨が当たる部分を
くり抜いただけといえばそれまでですが、
今までの穴開き系サドルにはないデザインです。

 
むしろ今までなんでなかったのか?と思えるほど、
当たり前に思える形です。
インフィニティシートの各アングル

今までの常識を地味ながら覆してくれたサドル、
穴あき系サドルの定番となる形になる?かもしれません。

ペダルの回しやすさとかフィット感とか、
実際に使ってみないとわかりませんが、
坐骨と恥骨とあそこの痛みは解消できるでしょう。

サドルの痛みに悩んでいるなら試す価値ありです。

痛みのないロードバイクは、ほんとに気持ちいいですから。

 
サイズは男女共に使えるフリーサイズ
男女共に使えるフリーサイズ

ちなみに、
このサドルはアメリカのクラウドファウンディングサービス、
Kickstarterというプロジェクトに参加してるアイテムです。

Kickstarterを簡単に説明すると、
アイディアグッズやアートなどのプロジェクトをWeb上で公開して、
一般人の協力者から資金を集めて、ブロジェクトの実現や
商品化を目指すというサービス。

現在「Infinity Seat」は出資を募集中で、
125ドル(約12,500円)の出資で「Infinity Seat」1個と
おまけとして4つのステッカーが貰えます。

発送は12月予定で、日本への発送料は25ドル(約2,500円)です。

資金目標額(25,000ドル)はすでに達成済みなので、
製品化はほぼ確実だとか。

出資の締め切りは日本時間2013/11/16、1時56分まで。

出資してみるのもおもしろいし、
製品化を待って様子をうかがうのもありかと。

 
出資サイト(本サイト)はこちら↓(英語です)
http://www.kickstarter.com/projects/

インフィニティシートの本サイト

今回はロードバイクのお尻の痛さを徹底的に解消するサドル、
「Infinity Seat」の紹介でした。

それでは、
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 
☆本日の良さげなもの
サドルレールにぶらさがるカエルのテールランプ

 - ロードバイクパーツ, 気になるアイテム