Life Log

新潟でWEB関連の仕事をしています。衣食住、仕事、遊び、新潟情報など、個人の話も交えてコツコツ書いています。

海外旅行用レンタルWi-FiをiPhoneに設定する方法

 

iPhoneを設定している画像

海外旅行用レンタルWi-FiをiPhoneに設定する方法の解説です。

どの会社のレンタルWi-FiでもiPhoneの設定方法は同じです。設定は簡単ですが、設定を忘れてしまうと高額な料金になってしまう場合があります。

高額な請求を避けるためにもiPhoneの設定は忘れずに。

>iPhoneを海外旅行で安く簡単に使う方法

海外レンタルWi-FiをiPhoneに設定する方法の目次

電話なしでレンタルWi-Fiのみを使う設定

080・090の電話は使わずにレンタルWi-FiのみでiPhoneを使う場合の設定方法です。

080・090での電話はできませんが、LINEやFaceTimeなどアプリ同士での通話は可能です。

iPhone設定の順番

  1. Wi-Fiアシストをオフ
  2. 機内モードとWi-Fiをオン
  3. レンタルWi-Fi端末の電源をオン
  4. iPhoneにWi-Fiのパスワードを入力
  5. 完了

1.Wi-Fiアシストをオフに設定

Wi-FiアシストはWi-Fiの接続状態が悪くなると、自動で他の通信方法に切り替える機能です。

海外でレンタルWi-Fi以外の接続をしてしまうと、高額な通信料になる場合があるのでWi-Fiアシストの設定を「オフ」にしておきます。

設定
iPhoneの設定ボタンの画像

モバイルデータ通信
モバイルデータ通信の設定画面

Wi-Fiアシスト ⇒ オフ
Wi-Fiアシストの設定画面

機内モードとWi-Fiをオンにする

iPhoneの機内モードをオンにすると、iPhone自体の通信が遮断されるので海外の現地局と自動で接続される心配がなくなります。

機内モードとWi-Fi設定の画面画像

機内モードとWi-Fiをオン
機内モードとWi-Fi設定の画面

iPhoneの左上に飛行機マークが現れたら設定完了
飛行機マークの画像

レンタルWi-Fi端末の電源をオン

レンタルWi-Fiの端末の電源を入れます。

どの会社の端末でも電源ボタンを3~5秒程度の長押しで電源が入ります。

iPhoneにレンタルWi-Fiのパスワードを入力

レンタルWi-Fiの端末に記載されているパスワードをiPhoneに入力します。

Wi-Fi端末のSSIDとパスワードの参考画像

設定
iPhoneの設定ボタンの画像

Wi-Fi
Wi-Fiの設定画面

レンタルWi-Fiに記載されているSSIDを選択
SSIDの選択画面

レンタルWi-Fiに記載されているパスワードを入力
Wi-Fiパスワードの入力画面

Wi-Fiマークが表示されたら完了です
Wi-Fi接続マークの画像

電話ありでレンタルWi-Fiを使う設定

080・090電話の発着信ありでレンタルWi-Fiを使う設定方法です。

ただし海外で080・090電話を使う場合は高額な通話料になるので注意が必要です。

080・090電話の発着信が必要な場合は、格安で固定電話や携帯電話と通話できるアプリ「050 plus」の利用がおすすめです。(050 plusの解説はこちら)

iPhone設定の順番

  1. Wi-Fiアシストをオフ
  2. 4GまたはLTEとデータローミングをオフにする
  3. Wi-Fiをオンにする
  4. レンタルWi-Fi端末の電源をオン
  5. iPhoneにWi-Fiのパスワードを入力
  6. 完了

1.Wi-Fiアシストをオフに設定

Wi-FiアシストはWi-Fiの接続状態が悪くなると、自動で他の通信方法に切り替える機能です。

海外でレンタルWi-Fi以外の接続をしてしまうと、高額な通信料になる場合があるのでWi-Fiアシストの設定を「オフ」にしておきます。

設定
iPhoneの設定ボタンの画像

モバイルデータ通信
モバイルデータ通信の設定画面

Wi-Fiアシスト ⇒ オフ
Wi-Fiアシストの設定画面

4GまたはLTEとデータローミングをオフにする

設定
iPhoneの設定ボタンの画像

モバイルデータ通信
モバイルデータ通信の設定画面

通信のオプション
通信のオプション設定画面

4Gとデータローミングをオン
4Gとデータローミングの設定画面

4.Wi-Fiをオンにする

機内モードとWi-Fi設定の画面画像

Wi-Fiをオン
Wi-Fiの設定画面

5.レンタルWi-Fi端末の電源をオン

レンタルWi-Fiの端末の電源を入れます。

どの会社の端末でも電源ボタンを3~5秒程度の長押しで電源が入ります。

iPhoneにレンタルWi-Fiのパスワードを入力

レンタルWi-Fiの端末に記載されているパスワードをiPhoneに入力します。

Wi-Fi端末のSSIDとパスワードの参考画像

設定
iPhoneの設定ボタンの画像

Wi-Fi
Wi-Fiの設定画面

レンタルWi-Fiに記載されているSSIDを選択
SSIDの選択画面

レンタルWi-Fiに記載されているパスワードを入力
Wi-Fiパスワードの入力画面

Wi-Fiマークが表示されたら完了です
Wi-Fi接続マークの画面

データ通信量を節約するための設定

アプリの自動ダウンロードやiCloud Driveをオフにすることで、データ通信量を節約することができます。

  • App Store自動ダウンロードをオフにする
  • iCloudのモバイルデータ通信をオフにする

App Store自動ダウンロードをオフにする

設定
iPhoneの設定ボタンの画像

iTunes StoreとApp Store
iTunes StoreとApp Storeの設定画面

すべてオフ
自動ダウンロードの設定画面

iCloudのモバイルデータ通信をオフにする

設定
iPhoneの設定ボタンの画像

iCloud
iCloudの設定画面

iCloud Drive
iCloud Driveの設定画面

iCloud Driveをオフ
iCloud Driveをオフ設定

データ通信量を節約するための設定は必ずする必要はありませんが、少しでも通信量を節約したい場合には設定してください。

設定のまとめ

[080・090の電話なし レンタルWi-Fiのみ]

  1. Wi-Fiアシストをオフ
  2. 飛行機モードとWi-Fiをオン
  3. iPhoneにレンタルWi-Fiのパスワードを入力

[080・090の電話 + レンタルWi-Fi]

  1. Wi-Fiアシストをオフ
  2. 4GまたはLTEをオフにする
  3. データローミングをオフにする
  4. Wi-Fiをオンにする
  5. iPhoneにレンタルWi-Fiのパスワードを入力

海外旅行用レンタルWi-FiをiPhoneに設定する方法の紹介でした。

レンタルWi-Fiを使うときや、レンタルWi-Fiは設定が難しそう。と利用を迷っている方の参考になれば幸いです。

【こちらの記事もどうぞ】

 
☆本日の良さげなもの
iPhoneならフル充電2回できます。モバイルバッテリー Anker PowerCore 10000

 - 暮らしのお役立ち