Life Log

新潟でWEB関連の仕事をしています。衣食住、仕事、遊び、新潟情報など、個人の話も交えてコツコツ書いています。

ロードバイクのアメサイド アメクロタイヤを探しているならこれ!

 

おすすめのアメサイドタイヤ
こんにちは、クロモリーです。

今回はロードバイクのアメサイドタイヤの紹介です。

アメサイドタイヤって、最近あまり見かけなくなったものの、
こだわる人はこだわるんですよね。

僕もそれにこだわる1人なのですが、
探すとなかなか良さげなアメサイドがないのです。

スポンサーリンク


あっても700×20cだったり、チューブラーだったり。

クリンチャーの700×23cのアメサイドってほんとに
限られたモデルだけなんですよね。

で、ようやく見つけたのが上の写真のタイヤ。

何人かの方から、
このタイヤについて問い合わせを頂いたので、
紹介しておこうかと。

ちなみに、問い合わせいただいた方は、
みなさんクロモリバイク乗りでした。

細身のクロモリバイクって、
アメサイドがよく似合うんですよね。

おすすめのアメサイドタイヤ

おすすめのアメサイドタイヤ

このタイヤは京都にあるI’s BICYCLE(アイズバイシクル)さんの
オリジナルブランド「Grand Bois(グランボア)」の
コルデマドレーヌというタイヤです。

通販でも買えますよ↓
http://cyclesgrandbois.com/SHOP/T700_F23.html

オリジナルとはいえ、元はパナレーサー(日本製)なので、
グリップ力、剛性力共に信頼のおけるもの。

転がりもよく、乗り心地も柔らかめで
ロングライドにはもってこいです。

 
トレッドパターンはこんな感じ。
トレッドパターン

パナレーサーと同じくセンターが絹目でサイドが杉目。

ウェット路面でもグリップしてくれて、
ブレーキもよーく効きますよ。

 
3500キロほど乗った磨耗度はこんなです。
タイヤの摩耗状態

リアのセンターは摩耗してますが、
あと500キロはいけるかと。

耐摩耗性は一般的なロードバイクのタイヤと同等です。

 
気になるサイドのひび割れ
アメサイドタイヤのサイトのひび割れ

このひび割れは一見怖いですが、
タイヤを構成するケーシング(スダレ)層を
むき出しにしないための上塗りゴムにひびが入っただけなので、
耐久性には問題ないです。
(糸のようなものが出ていたら×、交換です)

もう一つアメサイドのタイヤとしては、
ベロフレックスマスターってのがあるのですが、
2000キロくらいでツルツル。

でもって、
ブレーキリアロック1回でほぼアウトです。


ベロフレックス マスター23(WO) 700×23C クリンチャー

重量が軽くてよく転がるタイヤなのですが、
さすがに2000キロの耐摩耗性だとコスパ的に厳しい。

ちょっとしたレースなんかでは良いのかもです。

あとクリンチャーのアメサイドというと、
ゴツいトレッドパターンが入ったミシュランの
ダイナミッククラシックかパナのパセラあたりですが、
ロードバイクにはテイストが合いません。

となると、
やっぱり「グランボア」のコルデマドレーヌが
ベストな選択かと。

アメサイドタイヤ選びの参考にしてみてくださいね。

ではでは、今回はこの辺で。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 
☆本日の良さげなもの
ツーリングのお守り

PARKTOOL(パークツール) タイヤブート TB-2C

PARKTOOL(パークツール) タイヤブート TB-2C

 - ロードバイクパーツ