Life Log

新潟でWEB関連の仕事をしています。衣食住、仕事、遊び、新潟情報など、個人の話も交えてコツコツ書いています。

無駄遣いをしてしまう理由と無駄遣いしない10のルール

 

無駄遣いをしてしまう理由と無駄遣いしない10のルール
こんにちは、クロモリーです。

当然ですが、無駄遣いってしたくありませんよね。

無駄の定義は人それぞれかと思いますが、
僕らが無駄遣いをしていまう理由というのは、
実は、「仕組まれている部分」もあるのです。

 
今回はその「仕組まれている部分」を暴露(大袈裟)して、
無駄遣いをしない方法を紹介します。

スポンサーリンク

まずはこれを見てください。

  1. もっと使わせろ
  2. 捨てさせろ
  3. 無駄使いさせろ
  4. 季節を忘れさせろ
  5. 贈り物をさせろ
  6. 組み合わせで買わせろ
  7. きっかけを投じろ
  8. 流行遅れにさせろ
  9. 気安く買わせろ
  10. 混乱をつくり出せ

この10の項目は1970年代に電通グループのPR会社が
提唱した「戦略10訓」と言われるものです。

マーケティング、つまりモノやサービスを消費させる、
お金を使わせるための戦略ですね。

電通は広告屋さんですから、
人の欲望をコントロールすることが仕事なわけです。

でも、こういうのは今に始まったことじゃなくて、
何百年も前から研究され確立され実行されてきた戦略なのです。

だから乗っかってしまうのは仕方ないことでもあるんですよね。

それにしても、「~させろ」って・・・

支配者気取りの表現で気持ちのいいものじゃありません。

この10訓は現在は使われていないようですが、
世の中はまだこの流れが跡を引いてるのも間違いありませんし、
人を操る普遍な要素なのでしょう。

この10訓を見て1つでも自分の行動が当てはまるなら、
知らぬ間に戦略に引きこまれているかもしれません。

消費社会批判派の間では「電通は悪だ!」という説も
誠しやかに囁かれているようですが、僕は全てが悪いとは思いません。

だって、人は消費しないと生きていけないし、
豊かさを求めて進化してきた生き物で娯楽だって必要だし、
そのお陰で冬は暖かく夏は涼しく過ごせるし、
トイレだって清潔で快適になった。

要はバランスや方向性、循環性がより高度な方向へ
進化していけばいいわけです。

と、話が逸れてしまいそうなので元に戻すとします。

では、どうやったら無駄遣いをしないようななるか?は、
もうお気づきかもしれませんが、「戦略10訓」の反対の
行動をすれば良いのです。

無駄遣いしない10のルール

  1. 必要なときだけ使う
  2. 多少高価でも丈夫で良い物を選び長く使う
  3. 有効な使い方をする
  4. 季節を感じ楽しむ
  5. 習慣に囚われず贈り物は最小限
  6. 必要な分を単品で買う
  7. メディアの煽りは無視する
  8. 流行よりも個性を大事にする
  9. 買うときは売るときのこと(循環)も考える
  10. 欲に振り回されず落ち着いて判断する

思いつきで書いてしまいましたが、こんな感じでしょうか。

「間に合わせのようなもの」ばかりにお金を使うのは結局、
無駄になるんですよね。

どのようにお金を使えば有効なのか、
どんなものを選べば無駄にならないのか、を、
見極める目を磨いていくことも無駄遣いをしないためには
大切なことなのです。

無駄遣いをしない10のルール、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、またー、
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 
☆本日の良さげなもの
お金管理の最強無料アプリ!

 - 節約術