Life Log

新潟でWEB関連の仕事をしています。衣食住、仕事、遊び、新潟情報など、個人の話も交えてコツコツ書いています。

格安SIMを使って手持ちのiPhone5を2千円で使う方法を伝えるよ

 


iPhone5の画像
こんにちは、クロモリーです。

スマホ代、1ヶ月7,000円。

1年84,000円、2年168,000円。

スマホ代、高すぎ・・・、
って、ずっと思っていたんですね。

で、使ってみました「格安SIM」。

結果、1ヶ月7,000円が1,946円に。

僕の場合、手持ちのiPhone5(ソフトバンク)に
格安SIMを使って、この料金まで落としました。

そんなわけで今回は、
格安SIMを使って手持ちのiPhone5の
料金を下げる作戦をお伝えするのですが、

その前に・・・、

後で「ガッカリ」してほしくないので、
最初にお伝えしておきますが、、

iPhone5の料金を1,946円まで下げるには、
下の3つの条件が必須になります。

  1. iPhone5、ルーター、ガラケーの3台持ちになる
  2. 1ヶ月のデータ通信量が3GBまでになる
  3. 通話は通話アプリをメインで使う

この3つの条件の理由と使い方を
順を追って説明していきますが、

「3台持ちでもいいよー」
「一応、参考のために読んでみるか・・・」

という方のみ読み進めてくださいね。

「3台持ちはないわー」
「そんなん、もう知ってるよ」

という方には参考になりませんので、
予めご了承くださいませ。

格安SIMとは?から始まり、ルーター選び、
格安SIM選びまで説明するので長くなります。

時間があるときに、
お茶でも飲みながらゆったり気分でお読みください。

それでは、いきます。

そもそも「SIM」とは?

まずは「SIM」について簡単に説明しますね。

「SIM」とは通信に必要な情報が入っている
小さなデータカードです。

SIMカードの画像

この「SIM」をスマホなどのモバイル端末に
挿すことでデータ通信や通話ができるように
なります。

SIMカードを端末に挿した画像

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)の
端末も「SIM」を使って通信や通話をしています。

で、「格安SIM」って何?

「格安SIM」とは、安い通信料で使える
キャリア以外の「SIM」のことです。

キャリア以外の「SIM」ってどういうこと?

キャリア以外の「SIM」とは、
MVNOといわれる通信会社が提供している「SIM」の
ことです。

MVNOとはキャリア(ドコモやau)の通信網を借りて、
通信サービスを提供する会社です。

大きなコストがかかる通信設備を持たないため、
通信料を格安で提供できる。

という仕組みのサービスが「格安SIM」です。

【ここで、ちょっと豆知識】

現在、MVNOはドコモとau回線の2種類のみです。
ソフトバンクは回線接続料がドコモの3倍以上高く、
現在はMVNOが実現していません。

で、「格安SIM」を使うにはどうしたらいいの?

格安SIMを使うには、SIMを家電量販店か
インターネットで買って契約すれば使えます。

でも、ちょっと待って下さいね。

格安SIMを使うには「SIMフリー」と
いわれる端末が必要になります。

なに、その「SIMフリーの端末」って?

「SIMフリー端末」とは、
どのMVNOのSIMでも使える端末のことです。

どういうことかというと・・・、

各キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)の
端末には「SIMロック」がかけられています。

例えば、

  • ドコモの端末にはauのSIMは使えない。
  • auの端末にはドコモのSIMは使えない。
  • ソフトバンクの端末にはauのSIMは使えない。

といったように、
それぞれのキャリアの端末には、
他会社のSIMが使えないようにロックが
かけられているのです。

つまり、格安SIMを使うためには、
どのMVNOのSIMでも使える「SIMフリー端末」が
必要になるわけです。

じゃあ、iPhone5で「格安SIM」を使うには?

上でご説明したとおり、
iPhone5にも例外なくSIMロックがかけられています。

今、あなたが持っているiPhone5に「格安SIM」を
使うためには、

SIMフリーのモバイルルーターに格安SIMを挿し、
iPhone5をモバイルルーター経由で使う。

です。

モバイルルーターとiPhone5を並べた画像

手持ちのキャリアiPhone5で「格安SIM」を使うには、
この方法以外ありません。

SIMロックを無理矢理に解除する「裏ワザ」も
ありますが、あまりにも通信が不安定で、
モバイルとしてまともに役目を果たさないので、
僕はおすすめしません。

ルーターはどれを使えばよい?

NECの「AtermMR03LN」というルーターがおすすめです。

SIMフリーモバイルルーター「AtermMR03LN」の画像

ただ、このルーターは、
ドコモ回線を利用したMVNOの格安SIM専用です。
(au系格安SIMには使えません)

格安SIMの約9割はドコモ回線系なので、
ほとんどの格安SIMに対応します。

「AtermMR03LN」はドコモのLTE(通信速度が
速い回線)に対応しているのはもちろん、

一番の売りはバッテリー持ちの良さです。

他のルーターの場合、バッテリー満タンで
待受け400~500時間、駆動時間は約8時間。

「AtermMR03LN」は待受け1000時間、
駆動時間は約12時間です。

僕が使ってみた使用感は、
朝8時頃にバッテリー100%で出かけて、
夜19時頃には20%程度のバッテリー具合です。

使用頻度によりますが、
個人的には不便を感じることはありません。

「AtermMR03LN」の使い勝手はこんな感じ

専用アプリでリモート起動や休止、
ルーターのバッテリー残量、通信状態が
チェックできます。

充電はUSB、もしくは100Vのコンセントの2系統。

大きさはiPhone5と比べるとこのくらいです。

AtermMR03LNとiPhone5を並べた画像

AtermMR03LNとiPhone5を並べて横から見た画像

設定は特に難しいことはなく、
説明書を見れば簡単に設定できます。

僕の場合は、ノートPC、iPhone5にWi-Fi接続して
使っていますが、特に不満なく使えています。

むしろ、僕の住む地域(新潟市)では、
快適に使えています。

(もう、手放せません・・・)

【ちょっと補足です】

SIMには3種類の大きさがあり、
端末に合う大きさのSIMを選ぶ必要があります。

3種類の大きさのSIMカードを並べた画像

「AtermMR03LN」はまん中の「マイクロSIM」です。

SIMカードを選ぶときには「SIMの大きさ」に
ご注意くださいね。

ルーターはわかったけど「格安SIM」はどれを選べばいいの?

下の3つの条件に当てはまる「格安SIM」です。

  1. 月額:900円程度
  2. 1ヶ月の通信量:3GB
  3. ドコモ回線系の格安SIM

この条件に当てはまる主要3社の「格安SIM」は、

  1. BIC SIMミニマムスタートプラン月額972円
  2. 公式サイト)BIC SIMミニマムスタートプラン

  3. ニフティ NifMo「3GBプラン」月額972円
  4. 公式サイト)NifMo「3GBプラン」

  5. OCNモバイルONE(毎日110MBコース)月額972円
  6. 公式サイト)OCNモバイルONE 110MB/日コース

といった、ところです。

参考のために僕が使っている「格安SIM」をご紹介します。

OCN モバイル ONEの画像

OCN モバイル ONE(ドコモ系格安SIM)
110MB/日コース 月額900円(972円)

画像では70MB/日コースとありますが、
2015年4月から料金変わらずで110MBに通信容量が
アップしました!

なぜ、OCN モバイル ONEにしたかというと、

単純にamazonでルーターとSIMがセット売りされて
安かったから・・・。(ウフフ

これです。

NEC Aterm MR03LN【OCN モバイル ONE マイクロSIM付きセット 月額900円(税抜)】

でも、結果、これで良かったんです。

通常、格安SIMの契約は初期費用で3千円ほど
かかります。

ですが、このamazonセットなら初期費用込みの
値段なので3千円お得でスタートできる。

そしてですね、OCN モバイル ONEの良いところは、
選べるプランの種類の多さです。

詳しくはこちら の公式ページをご覧ください。

OCNモバイルONE 公式サイト)OCN モバイル ONE

自分の使い方に合わせて幅広く選ぶことができます。

僕の場合は110MB/日コースですが、
仮に110MBをオーバーして速度制限がかかっても
翌日には、通常の速度に戻り110MB使えます。

しかも、1日の使用量が110MB未満の場合は、
最大220MBまで繰越して使うこともできます。

そしてそして、
今日はたっぷり使いそうだなぁ。というときは、
500円で1日使い放題、速度制限なしにすることができます。
(1日使い放題はアプリで簡単に申し込みができます)

このサービスは便利で、
出張などでノートPCを使う場合は、
容量を気にせずガンガン使えます。

(このサービスは素晴らしく便利!!)

OCNモバイルONE の気になる通信速度はこのくらい。

他の格安SIMを使ったことがないので、
比較のしようがないのですが、

「スマホとしては十分!」

特に不満もなく使っています。

動画も問題なく見られます。
(通信容量は消費しますが・・・)

通信量やコースの変更・追加も
アプリから簡単にできます。

このアプリも使いやすくて便利ですよ。

OCNモバイルONE はSIMが届いたその日に「即日開通」できます。

OCNモバイルONEを使うまでの流れはこちらのページ
「ご利用までの流れ」をご覧ください。
  
OCNモバイルONE 公式サイト)OCN モバイル ONE

「通話」はどうするの?

モバイルルーター経由でiPhone5を使って、
通話をする場合はLINEやFaceTimeなど、
通話アプリを使います。

今、あなたが使っている携帯の電話番号(090-)で
通話する場合は通話用の端末が必要です。

ちなみに僕の場合、
ドコモのガラケー(FOMA)をSSプラン+iモードで
1ヶ月974円で使っています。

【注意点!】
格安SIMには通話ができる「音声対応SIM」も
ありますが、モバイルルーターを使う場合、
「音声対応」は使えないのでご注意くださいね。

まとめ

ここまで読んでいただき、
ありがとうございました。

お疲れ様でした。

最後にまとめです。

格安SIMを使って手持ちのiPhone5を2千円で使うには?

  • モバイルルーター経由でiPhone5を使う
  • 通話は通話アプリかガラケーを使う

格安SIMまでの6つのステップ

  1. モバイルルーターと格安SIMを購入する
  2. 格安SIMを開通させる
  3. 開通した格安SIMをルーターに挿して設定する
  4. iPhoneとルーターをWi-Fi接続する
  5. 090通話が必要な場合はガラケーを準備する
  6. キャリアを解約、もしくはガラケー用のプランに変更する

 
※電話番号を変えずにキャリアを乗り換える場合は、
 ナンバーポータビリティ(MNP)を忘れずに!

おすすめのルーターと格安SIMプラン

安定感抜群のルーターはこちら
  

NEC Aterm MR03LN

主要3種、安心の格安SIMはこちら
  

  1. BIC SIMミニマムスタートプラン月額972円
  2. 公式サイト)BIC SIMミニマムスタートプラン

  3. ニフティ NifMo「3GBプラン」月額972円
  4. 公式サイト)NifMo「3GBプラン」

  5. OCNモバイルONE(毎日110MBコース)月額972円
  6. 公式サイト)OCNモバイルONE 110MB/日コース

個人的におすすめなモバイルルーターと
格安SIMセットはこちら

  

NEC Aterm MR03LN【OCNモバイルONE マイクロSIM付きセット 月額900円(税抜)】

090通話はドコモのガラケー(FOMA)、
タイプSSバリュー+iモード=974円。

格安SIM972円+ガラケー974円

この組み合わせで1ヶ月1,946円!
にすることができました。

ルーター代、約2万円を2年で割って
通信費にプラスしても1ヶ月約2,800円です。

今ままで携帯代に7千円かかっていたなら、
約5ヶ月でルーター代が払い終わります。

その後は1ヶ月約2千円ですから、
1年で6万円、2年で12万円も安くなるわけです。

格安SIMに乗り換えてからの
料金明細を見るとおどろきますよ。

「ほんとに、この金額でいいの??」
「今まではなんだったの・・・」
「今まで、なんて高い金額払っていたの・・・」
「わたしってバカ・・・」

みたいな感じになります。

ぜひ、1ヶ月2千円の携帯生活を手に入れてくださいね!

それではお疲れ様でした。

長々と、最後までお付き合いいただき
ありがとうございました!


 - 節約術