Life Log

新潟でWEB関連の仕事をしています。衣食住、仕事、遊び、新潟情報など、個人の話も交えてコツコツ書いています。

新潟の白鳥飛来地のおすすめスポット3選!

 

白鳥が二羽並んで飛んでいる写真

今年も新潟に白鳥がやってきました。

夕方になるとクァークァ-と声を発しながら自宅上空を連隊を組んで飛んでいきます。

白鳥が連隊を組んで飛んでいる画像

流線型の真っ白な体と大きな翼は、何度見てもキレイで格好いい。

白鳥が大空を雄大に飛ぶ姿は、冬の新潟に来たらぜひ見ていただきたい風景の一つです。

スポンサーリンク

新潟の白鳥飛来地おすすめおすすめスポット3選

  1. 瓢湖(ひょうこ)
  2. 水の公園 福島潟
  3. 村上 お幕場(まくば) 大池公園

1.瓢湖(ひょうこ)

瓢湖の画像

1つ目におすすめなスポットは阿賀野市水原にある瓢湖。

地図はこちら↓


大きな地図で見る

瓢湖は新潟で一番有名とも言える白鳥スポットで、毎年5,000羽(オオハクチョウ・コハクチョウ)を超える白鳥がやってきます。

飛び立つときにギシギシときしむような音を立てながら大きな翼を羽ばたかせて離水する姿は感動もの。

バランスをとりながら着水するときの美しさも見所です。

白鳥が着水している画像

真っ白な白鳥が大きな翼を広げて離着水する姿はぜひ見ていただきたい光景です。

瓢湖は他の飛来地に比べて白鳥の飛来数が圧倒的に多く、至近距離で白鳥を見られるおすすめスポットです。

2.水の公園 福島潟

福島潟の画像

2つ目におすすめなスポットは新潟市北区前新田乙にある福島潟。

地図はこちら↓


大きな地図で見る

福島潟の白鳥飛来数は約3,000羽(オオハクチョウ・コハクチョウ)。

福島潟は白鳥だけでなく、国の天然記念物 オオヒシクイを見られるスポットとしても有名です。

オオヒシクイの画像

春は菜の花畑が広がり、夏には2mを超える葉を付けるオニバスなど、年間を通してネイチャー系カメラマンに人気のスポット。

敷地内には円筒形をした建物「ビュー福島潟」があって福島潟の自然にまつわる書籍やグッズの販売、休憩所が設けられてるので疲れたらここで一休みもできます。

福島潟を見渡せる有料展望ホールもあります。
(大人400円、子供200円)

福島潟の展望ホールの画像

ちなみに、福島潟から車で20分ほど走ると「月岡温泉」があり無料で足湯を楽しめます。

「月岡温泉」にはあっさり豚骨スープが人気のラーメン屋「きぶん一」もあるので、白鳥観察→ラーメン→足湯というコースもおすすめです。

月岡温泉はこちら↓


大きな地図で見る

3.村上 お幕場(まくば) 大池公園

新潟村上 お幕場(まくば) 大池公園の画像

3つ目におすすめなスポットは村上市北新保にある大池公園。

地図はこちら↓


大きな地図で見る

大池公園の白鳥飛来数は約1,000羽、小さめな天然池ですが超至近距離で白鳥を見られるのが魅力。

コハクチョウのみですが近くでゆっくり白鳥を眺めるならここがおすすめ。

大池公園の白鳥の様子。

餌やりOK(持参のみ)で、食パンを持って行くと白鳥とカモに大モテします。

白鳥に餌を与えている画像

カモメがいるときはパンを上に投げるとカモメがキャッチしてくれたりして、子供は大喜びです。

大池公園に行くならカメラと食パンは必須です。

白鳥が見られる時間

どの飛来地も白鳥は午前8時頃になると、周辺の田んぼにエサを食べに飛び立って行くので見頃は午前8時前です。

田んぼでエサを食べる白鳥。

16~17時頃になると白鳥たちが戻ってくる姿が見られます。

冷え込む時間帯ですが、天気の良い日は夕日に照らされた美しい白鳥の姿が感動ものです。

白鳥は毎年10月末~3月の期間に飛来しますが、見頃なのは11月~12月です。

首でハートを作る白鳥の画像

寒いので厚着・手袋・マフラー必須です。
 
 
 
☆本日の良さげなもの
誰でも綺麗に撮れる最強のコンデジ。
SONY RX100 IIの画像
SONY RX100M2

 - 新潟情報